介護施設で感染?頭にもできる水虫

介護施設は様々な方が利用します。
不特定多数が使用するという事もあり、ある皮膚病を介護施設で発症するケースも少なくありません。

その皮膚病とは「水虫」です。
水虫は白癬菌というカビの仲間が原因で起こります。
白癬菌は皮膚の主成分「ケラチン」をエサとしており、皮膚に付着する事で角質層へと感染を広げていくのです。
最初は無症状ですが白癬菌の感染が広がるにつれ、様々な症状を引き起こします。

白癬菌は高温多湿を好むので、介護施設のお風呂は要注意と言えるでしょう。
水虫といえば足に発症するというイメージがありますが、ケラチンがある場所であればどこでも感染します。

中には頭に白癬菌が感染するケースがあるのをご存じでしょうか?
「しらくも」とも言われる事がある頭部白癬は、頭に起こる水虫です。
頭皮に白癬菌が感染する事で発症します。

強い痒みが出たり、感染した場所が赤く腫れる、皮膚が剥がれ落ちフケが増える、円形状の白い斑点ができるといった症状が現れます。
髪が抜けてしまう場合もあるので、症状を感じたら早めに治療を受けましょう。

角質層の浅い部分に白癬菌がいる状態であれば、抗真菌作用のある外用薬で治療する事が可能です。
しかし、しらくもの場合、白癬菌が奥にまで入り込んでしまっているケースが多く、外用薬だけでは完治が難しいとも言われています。
このような場合は、内服薬による治療が行なわれます。

内服薬であれば外用薬が浸透できない部分にまで、感染を広げてしまった白癬菌を退治できます。
頭だけでなく足にできる水虫も、早めに治療を始めなければ完治までに時間がかかってしまうでしょう。

ですので、いつもと違う皮膚の症状を感じたら、早めに皮膚科を受診しましょう。