水虫、化膿菌対策は環境に注意しよう

水虫の症状は足が痒い、皮が剥ける、小さな水泡ができる、ジクジク痛みがするなどがあります。
水虫は白癬菌というカビが原因で発症する皮膚の感染症です。感染に気づかないまま過ごしている人も多いです。多くの人が利用する公共施設(温泉、足湯、プールなど)では白癬菌が多く生息している環境と言えます。
年齢には関係が無いので高齢者から子供まで注意することが大切です。
水虫は一度感染してしまうと、自然に完治することはありません。病院で治療しない限り治すことは出来ません。完治したとしてもケアや対策を怠れば、何度でも感染します。
予防法としては1日1回は足を洗うよう心掛けることが大切です。足の指の間、爪の間の汚れなど丁寧に汚れを落としましょう。注意点としては軽石やたわし等で力強く洗うのは逆効果になるのでやさしく丁寧に洗いましょう。
どうしても毎日洗うのが難しい場合はティッシュペーパーなどにアルコールを含ませて拭き取りましょう。
靴を長時間履くと足が蒸れてしまうので、通気性の良い靴を履くか、長時間履かないようにしましょう。
同じく、靴下も蒸れる原因になりますので、通気性の良いものや5本指の靴下、抗菌性のものを履いたり、靴下を履かないようにするなどしましょう。
公共施設など多くの人が利用する環境では足ふきマットやスリッパなどは素足での利用は極力避けることが大切です。
水虫に感染しても命の危険は無いと感じる人も多く治療せず放置されがちです。水虫だけでは命の危険を感じることもないですし化膿もしませんが、合併症や二次感染を起こし化膿性の細菌感染症を起こし、細胞が壊死してしまう恐れがあり足を切断しないといけない場合もあります。免疫力低下している人は化膿菌が侵入しやすい環境なので、病気の方や年配の方は普段から注意して水虫予防や対策を心掛けましょう。