肌に起こる水虫~趾間型タイプ~

皮膚科で治療する肌の病気・症状は様々です。
その中でも日本で最も有名といって、過言では無いのが「水虫」ではないでしょうか。
水虫は白癬菌というカビの1種が、肌の角質層に感染する事で発症する皮膚感染症の1つです。

日本では5人に1人が経験者と言われている程、多くの方が発症しています。
白癬菌は頭や顔、手にも感染するケースがありますが、ほとんどの場合は足に症状が現れます。

実は水虫には色々なタイプがある事は、あまり知られていません。
足の指と指の間に症状を感じると言う場合は、趾間型タイプを引き起こしています。

趾間型は皮膚がふやけてジュクジュクとめくれる、強い痒みを感じる、足の裏の臭いがきつくなるといった、症状を引き起こすのが特徴です。
特に薬指と小指は肌が密着しやすい事もあり、白癬菌が感染しやすいと言われています。
なぜなら白癬菌は湿度と温度が高い場所を、好む傾向にあるからです。
肌が密着しているという事はその分、湿度も高くなってしまいがちです。
白癬菌が活動しやすい環境となっている、足の指と指の間は水虫になりやすいと言えるでしょう。

趾間型タイプが痒みが強いので、ついつい搔き毟ってしまいがちです。
ですが掻いた事によって傷ができ、そこから雑菌が侵入すると2次感染を引き起こしてしまうケースがあるので注意しましょう。

白癬菌に1度感染してしまうと、いくら症状が出ている部分を石鹸で洗っても、死滅させる事はできません。
抗真菌薬による治療でしか、回復の道は無いのです。
皮膚科では趾間型タイプの水虫の場合、抗真菌成分を含んだ外用薬で治療するのが一般的です。

「水虫かな?」と感じたら、早めに治療を受けて水虫を撃退しましょう。