水虫は最近完治する

水虫にはイトリゾール!
↑水虫はイトリゾールで治しましょう!

かつては水虫の治療薬を開発できたらノーベル賞物と言われてきました、それくらい水虫は完治しにくい病気なのです。一度かゆみがなくなり完治したと思っても実は白癬菌が足に残っており、何かのきっかけでぶり返すことも少なくありません。何十年も水虫と戦っている人も実際にいます。しかし実は最近では水虫は完治できる病気になっているのです。それまでも一応薬はありましたが根本的に解決するものではありませんでした。しかし今では白癬菌を確実に殺す薬も開発されています。速やかに浸透してくれますので長期間患っていた人でも数か月程度で完治するのです。効き目が非常に強いので取り扱いには気を付けなければいけませんが、これで完治すれば今までのつらいかゆみに悩まされることはありませんし足もきれいになりますしサンダルも着用できるようになります。また、水虫の中でも特に治りにくいといわれているのが爪白癬、これも飲み薬が開発されており医師の指導のもと正しく飲んでいれば完治できるのです。水虫は不衛生であるのは勿論の事、他の人に感染させてしまいますので早く皮膚科で薬を処方してもらい、治療するのがいいでしょう。皮膚科でも水虫治療に強い病院ですとより完治が早くなります。市販の薬もよくなっていますが、処方薬を使うほうがおすすめです。諦めていた方も試してみてください。勿論完治したあとも予防することが大事です。そもそも生まれた時は誰もが白癬菌を持っておらずきれいな状態から感染した経緯があるので、不衛生な生活をしていますと再び感染してしまいます。靴を履くときは靴下を履いたりバスマットは頻繁に取り換えるなど地道な努力をすることで予防できます。

水虫はしっかり治さないと再発する

自身が水虫になったと自覚したうえで、治療を怠る人はまずいないでしょう。しかし実際には水虫は再発率が高く、一般的に2人に1人の人が再発すると言われています。誰しもがしっかりと治しているはずなのに何故ここまで再発する確率が高いかと言うと、まず患者側が治療途中で完治したと思い込んでしまうケースがあげられます。実は水虫の菌は皮膚の表面だけでなく深くにも入り込んでいるため、皮膚のターンオーバーによって菌が表面に出てこないと薬による死滅が期待できません。しかし水虫特有の皮剥けや水泡のような症状自体は、皮膚の奥に存在する菌が表面に出てくるまえに大抵治ってしまうので、表面上綺麗になった皮膚を見て治療を辞めてしまうパターンが多いのです。また水虫は冬になると症状が和らいだり、一見すると完治したように見えることもあります。実際は菌の活動が鈍くなっているだけなので、夏になって菌が活動を開始すると再発するケースが多いのですが、患者自身にその知識がないと大事な冬の治療を中断しがちです。このような思い込みが原因で発生する再発リスクを減らす一番の方法は、自覚症状がなくなって患部の皮膚が綺麗になっても、皮膚のターンオーバーが過ぎるまでは治療をしっかりと継続することです。特に足の裏の皮膚は他の部分よりも分厚いため、オーバーターンに約3か月程度かかるとされています。そのため最低でも3か月以上の継続した治療が、水虫を治すための条件と言えます。市販の薬ではなく通院して医師の処方箋を貰っている場合は、自己判断で治療を辞めるのは再発リスクを上げる原因になるので注意が必要です。医師が治療完了と言ってくれるまでは、きちんと通院して薬も使い続けましょう。

水虫が好む条件

水虫を治療する上で大切なのは、早期に治療を講じることです。体に水虫の初期症状が出るという事は、免疫力が低下しているという裏付けになります。そのため、遅くても3年以内に対策を講じておかなければ、感染範囲がみるみるうちに広がります。完治させたい場合には、病院で治療を講じることが最も有効的です。水虫は、病院を受診しなくても、命に関わるほど大きな悪影響は及ぼしません。こうした点から、病院を受診するタイミングが遅れ、完治できなくなる恐れがあります。つまり、根本的に解決を目指したい場合は、早急に医者のアドバイスを聞くようにしてください。痒みは、ヒスタミンが分泌されることで生じます。医療機関を受診すると、ヒスタミンの分泌が抑制される薬剤が処方されるので、用法用量を守って利用しましょう。水虫の治療を受ける際に、最も重要なのは、継続するということです。比較的、症状が軽度の場合は、治療を始めて間もなく、改善の兆しが感じられるようになります。しかし、少し良くなったからと言って、薬剤の塗布などをやめてしまうと、元通りになってしまいます。根気強く、医者から完治したという報告を受けるまで継続するようにしてください。水虫というのは、外見上治ったように見えても、角質内に白癬菌が残っています。白癬菌が残っていると、当然再び炎症が生じるのは時間の問題になるので、油断できません。そして、水虫を完全に治すためには、用いる薬の効能と効果を理解しておくことが必須です。医療機関で受け取った薬の場合、医者のアドバイス通り使いましょう。市販品を購入した場合は、在駐している薬剤師からの説明や、説明書の記載内容を読み込むようにしてください。

■水虫の悩みがある人はこちらの医薬品がおすすめ
ラミシール
■水虫にはクロトリマゾール配合のお薬で治しましょう
クロトリマゾール